日別: 2018年1月23日

初めて家を売る前に


家を売る経験は、多くの人が初めてではないでしょうか。分からないことだらけだと思いますが、知らずにいると困ることも多いです。そこで、家を売るときに必要なことをご紹介します。

ゴミまず、家を売るときは諸費用がかかります。
不動産業者への仲介手数料や所得税などの税金、引越しや不用品の処分にかかるお金など、さまざまな費用が必要です。
買主を自力で見つけたり自分で引越ししたりと、節約できるポイントはあります。
ただし、たくさんのお金が出ていくことは念頭に置くとよいでしょう。

抵当権の抹消手続きも家を売るときには必要です。
住宅ローンを完済した家は、抵当権が自動的に消滅するわけではありません。
手続きをしなくても即問題が起きるわけではありませんが、放置すると相続時に揉めることもあります。早めに抵当権の抹消手続きをすることで、トラブルを防げるでしょう。自分で行うとミスが増えるので、司法書士へ相談してください。

不動産物件の登記内容と実態の違いによるトラブルは、家を売るときによく起こることです。また、個人間の売買では瑕疵担保責任が売主に生じることもあるため、注意しなければなりません。これらは、不動産業者を介して手続きすることで防げることも多いでしょう。仲介手数料は発生しますが、不動産業者への費用は保険料と考えておくとよいかもしれません。

当サイトは家を売るときに役立つ知識をまとめました。初めて家を売るときに悩むことは多いと思いますが、売主が気になることをお伝えしますので、ぜひお役立ていただけますと幸いです。