日別: 2018年1月31日

不動産売却時のトラブル対策


家家を売るとき、法律上のトラブルが発生することは珍しくありません。
往々にして起こるトラブルの内容は、不動産物件の登記内容と実態の違いです。

たとえば、登記台帳に記載されている公簿面積と、測量結果から導き出された実測面積が異なっていることがあります。
家を売るときに測量し、初めて地積が分かるケースです。
自分の土地が想定より広い場合、隣の家の土地も売却対象となるため、隣の家の住人と交渉しなければなりません。
このときにトラブルが起きることも少なくないのです。

また、瑕疵担保責任についても注意しましょう。不動産仲介業者を介さずに個人で売買した場合、不動産の欠陥が見つかったら売主の責任になってしまいます。住宅なら、水漏れや設備不良が原因でトラブルになることも多いです。瑕疵担保責任が売主に生じるため、真摯に対応する必要があります。法律でも明言されているので注意しましょう。

家を売るときのトラブルを防ぐポイントは、不動産業者を介して手続きをすることです。仲介手数料は発生しますが、いざというときのトラブル回避ができます。個人間で売買取引を考えていた人は、保険料のようなものと考え、不動産業者を利用するのはいかがでしょうか。