家を売るときの諸費用


家を売るときはさまざまな手続きが必要です。そのため、諸費用もかかってきます。売却価格がまるまる手元に残るわけではないので、どのようなお金がかかるかを理解しておきましょう。

まずは不動産会社へ支払う仲介手数料からです。物件の買主探しから対応してくれるため、仲介手数料を支払う必要があります。価格は売却価格の3.24%+64,800円です。ただし、個人同士で売買する場合、当然ですが仲介手数料の支払いの必要はありません。
電卓
家を売ることで利益が出た場合、所得税や住民税がかかります。
ただし、居住用の家を売る場合、3,000万円以下の物件は特例控除を受けることができます
売る相手が親族でないことや他の課税特例との併用がないことなどが条件です。

また、家を売るときには引越しや不用品の処分費用も発生します。
自分で運ぶ場合は問題ありませんが、時間がかかってしまうでしょう。
引越し先が賃貸なら敷金や礼金、仲介業者への仲介手数料もかかります。

このほか、測量費用やハウスクリーニング代、売買契約書の印紙代に司法書士への報酬など、家を売るときの費用の種類は多いです。
あらかじめ頭に入れておくだけで必要な資金が予測できるので、ぜひ覚えておきましょう。